アライグマやムカデを効果的に駆除する~駆除戦隊に任せんかい~

自治体に相談

生活している中で、生き物による被害というと、ゴキブリやムカデなどの害虫が多いですが、アライグマによる被害も増えてきています。アライグマの体調は40センチ~60センチ程度で、尻尾もあり長さは20センチ~40センチ程度です。見た目は狸と似ていますが、アライグマの場合は尻尾に黒い横線があるのが特徴的です。基本的に水辺が近くにある森林に生息していますが、森林だけではなく、湿地、海岸、都市など様々な環境に対応しています。もともとは日本には生息していなかったのですが、飼育個体が脱走してから、短期間で増加していきました。それから、現在では農作物や家畜への被害などが多く、問題が深刻になっています。

アライグマによる被害は様々あります。農作物を食べられる、家畜襲われる、屋根裏への悪臭、騒音、感染症の可能性、和みを散らかす、などがあります。見た目は可愛く、アメリカではペットとして飼われていたアライグマなのですが、野生の場合は、人々に多くの被害を与えているのです。被害を最小限に抑えるためには、素早く駆除することが大切です。駆除方法は様々ありますが、よく使用されるのが捕獲機です。捕獲機を設置する場合は、アライグマの寝床や餌付近、通り道に設置すると良いです。足あとを発見したら、それを頼りに設置していきましょう。個人で対処できない場合は、自治体に相談することも大切です。自治体や専門業者に依頼することで、効率良くアライグマ駆除を行ってくれます。駆除を行なうだけではなく、被害を受けないために予防することも大切です。餌を与えないようにしたり、侵入を防ぐようにしたりするだけでも被害を防ぐことができます。